ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは、私です。

あの日から、22年。
いやもう日付回っちゃったんですが。
神戸っ子としては触れないといけないなと。

小学生の頃のとある1日の記憶、なんてほとんど残っていません。
でも、1.17だけは、色々なことを憶えています。
今日、テレビで追悼式典が流れているのと見ながら、家族と「そういえばあの時こうだったね」的な話をしました。

他の地域に住んでいる方からすれば、「あ、それ今日だったっけ?」くらいの認識なのかもしれません。
生れてなかった世代にしてみれば知らないのかもしれません。
前に、別の地域に住む友達に、「そういえばそうだね」的な反応をされて地味にショックでした。
あ、そんなもんなのか、と。

こんな感じだったな、というのを思い出しつつ書いてみたいと思います。
私の住んでいる所は、震度はあの当時の分類でいうと6でした。
ただ、被害自体はそこまでじゃなかったので、辛い思い出というほどでもないので、書いてみます。

5:46。
この時間、母親は、幼稚園に通う弟のお弁当を作っていました。
父親は寝ていました。
私も、2段ベッドの下で寝ていました。
弟は、2段ベッドが嫌いで床で寝てたんですが、朝早くに目を覚まして母親の布団に入って寝なおす癖があったので、その時間には既に母親の布団で寝ていました。

揺れた時、私は母親に揺り起こされたんだと思いました。
まだ眠かったので、「あと5分」的な感じで起きるのを渋ったんですが、それでも揺らし続けるから、「もう!」みたいな感じで払いのけようとして、そこで母親の手がないことがわかりました。
目を開けたら誰もいなくて、ようやく、全部が揺れていることに気付きました。
怖くて、布団にもぐって、揺れが止むのを待ちました。
この時、母親はとにかくストーブとコンロの火を消したそうです。
父親は、隣で寝ていた弟に覆い被さって守ったそうです。
その弟は、震度6の揺れでも起きませんでした。

揺れが止んで、父親が懐中電灯を持って部屋まで来ました。
夜明け前、停電していたので床に何が落ちているかわからないからと、抱えられてリビングに行きました。
懐中電灯の明かりしかない中、冷えてるこたつにもぐって、唯一の情報源のラジオの音を聞いていました。

朝6時半ころに、千葉に住んでいた友達の家から電話がかかってきました。
…という時間まで覚えてるんですよね、記憶ってすごい。
友達に「だいじょうぶ?」と聞かれて、私は「そっちは大丈夫?」と聞き返しました。
今思うとだいじょうぶに決まってるやろ、とツッコミ入れたいんですが、当時の私の頭では揺れてる範囲もわかってないし、多分混乱もしていたんだと思います。

あと、このあたりの時間で、私と弟が交互に嘔吐し始めました。
トイレで吐く、という習慣がなかったので、母親が洗面器をもって行ったり来たりしていました。
風邪かもしれないけど、もしかすると、ショックだったのかもしれません。

今日聞いて初めて知ったんですが、父親はとりあえず出勤しようとしたそうです。
結局、電車が動いていないので家に帰ってきましたが。
当然ですよね、神戸の東はどえらいことになってたんですから。
でも、ラジオの音以外に情報がなくて、地下鉄の駅員さんも「今ちょっと止まってます」くらいの感じで言っていたそうなので、東側がどんな事態になっていたのか、みんなわかってなかったんでしょうね。
今みたいにツイッターとかで画像が流れてくるわけでもないですし。

10時半ころ、電気が復旧して、ようやくテレビがつきました。
映っていたのは、倒れた阪神高速や、燃えている長田の町。
洒落にならない事態になっていたことに気付いたのは、多分このタイミングでした。

…というあたりまで、すごく覚えています。
あと、その時、冷たいおにぎりを食べたこと。
今でも、家の壁にはちらほら、亀裂が入ってます。壁紙が亀裂に沿ってたわんでます。

今働いている事務所は、地震当時全壊しました。宿直の警備員さんが、亡くなっています。
別の事務所にある体育館は、当時遺体安置所になってたようで、その外では棺が作られてた…ということを
今日知りました。

個人としても、今の職場で働いている身としても、忘れてはいけない日だなと思います。
ただ、忘れなければそれでいいわけではなくて、その時の経験を活かしてこそだと思います。
食べ物や水はストックしておくとか、ビニール袋とかラップとか新聞とかは何かと役に立つから置いておくこと
とか、そのほか非難するときに必要なものはまとめておくとか…
災害について考えて、対策を実施してこそですよね。
まあ、うちはもののストックくらいしかないのですが←

と、たまには真面目に語ってみました。

「ひびきわたれ僕たちの歌 生まれ変わる神戸の街に 届けたい私たちの歌 しあわせ運べるように」
被災した音楽の先生が避難所で作られたという「しあわせ運べるように」が大好きです。
今でも1番は歌えます。
曲調なのか歌詞なのか、聞くといつも泣きそうになります。

ではでは。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 かけるのひとりごと, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。